bar clear all


2016年3月8日火曜日

国際女性デー

朝、都内の外国人さんにリマインダーのメールを書き、最後Happy Tuesdayとしめたところ、Happy Women's Dayと言われた。そうか、今日はそんな日なんだ。

…と思ったら、フォローしている大使館さんのツイートは、Women's Day関連のツイートが並ぶ。










フィンランド大使館の男性陣によるHE FOR SHE






一方では、日本においてはこんな事もあり… びっくり。



日本はすっかり遅れちゃったね。各国がこの厳しい状況の中、女性をなんとか活かして…というか、とにかく健康で動けるやつは全員とりこぼさず活かしてなんとか国際競争力を高めようとしているのに、保育園に子供を預けられないわ、年金は消えるわ、日本は足下の問題すら解決できてない。

私は幸いにして仕事をするようになってから女性だから、ということでイヤなめにあったことがない。というか、自分が鈍感なだけかもしれないけど。でもいつだったか派遣のバイトやってて(当時派遣はタイプやテンキーさえ早ければ時給が2,000〜3,000円ももらえるいい仕事だった)「お茶入れてください」と言われビックリしたのを覚えている。そのくらい恵まれていた。

これから社会に出る女性の皆さん、頑張って。もしかしたら女ってだけで理不尽な扱いを受けることがあるのかもしれないけど、それは無敵の鈍感力ではねのけましょう。そして自分が望むのであれば結婚も出産も諦めないように。私の時代は無理だったけど(というか、私は無理だったけど)あなたになら出来る。頑張れ、女性たち。今日は国際女性デー!

すべての女性にこの曲を捧げます。



I was young I spoke like a child
I saw with a childs eyes
And an open door was to a girl
Like the stars are to the sky
It's funny how the world lives up to
All your expectations
With adventures for the stout of heart
Lure of the open spaces

There's two lanes running down this road
Whichever side you're on
Accounts for where you want to go
Or what you're running from
Back when darkness overtook me
On a blind mans curve

I relied upon the moon
I relied upon the moon
I relied upon the moon
And St. Christopher


Now I've paid my dues 'cause I have owed them
But I've paid a price sometimes
For being such a stubborn woman
In such stubborn times

And I've run from the arms of lovers
I've run from the eyes of friends
I've run from the hands of kindness
I've run just because I can

Now I've grown and I speak like a woman
And I see with a womans eyes
And an open door is to me now
Like to the saddest of goodbyes

When it's too late for turning back
I pray for the heart and the nerve

And I rely upon the moon
I rely upon the moon
I rely upon the moon
And St. Christopher
I rely upon the moon
I rely upon the moon
I rely upon the moon
And St. Christopher to be my guide

メアリー・チェイピン・カーペンター好きなんですよね〜。この声が!! しっとりしちゃったんで、この曲もはっとこ。元気な女性の歌だと思う。「すべてを望んだらダメかしら… あれと、これと、それと、、それからあなたの情熱的なキス」