bar clear all


2018年11月17日土曜日

アレック・フィン(デ・ダナン)R.I.P.


デ・ダナンのアレック・フィンがなくなったそうだ。アレックはイギリス生まれなんだけど、アイルランドに移住しゴールウェイ郊外のお城に住んでいた。一度ゴールウェイにデ・ダナンをたずねたことがあった。たぶん91年くらい。すごく寒い日。あれはどういう経緯だったのか、今では思い出せないが、みんなでメアリー・ブラックのコンサートを見にいった。今,思い出せば,超贅沢な時間だった。

デ・ダナン関係者、いろんな人の話を聞くにつけ、エキセントリックで偏屈なフランキーをなだめ、デ・ダナンをまとめていたのはアレックだったのではないかと私は思っている。最近はデ・ダナンの名前をフランキーがアレック抜きで使いはじめて揉めていたようだったが… あれの決着はついていたのだろうか。

とはいえ、90年代半ばになって若いバンドがメキメキ出てきたころには、私もすっかり疎遠になってしまい、アレックに最後に会ったのは横浜のWOMADの時か… もう30年くらい前。あの時、キングレコードのスタッフとみんなで飲みに行き、キングのディレクターがみんなから2,000円だったか多少会費を徴集したのを見て怒っていたのはフランキー(笑)だった。「レコ社はミュージシャンにご馳走するもんだ」と。WOMADに対するグチもすごかった。アレックはそれを必死でなだめてたっけ。今となっては懐かしい。


モーラ・オコンネルの元気な歌がいい。

そしてある意味タイムリーなこれ。こういうユーモア感覚はデ・ダナン独自のもの。




かっこいいねぇ…





音楽ジャーナリストの大谷隆之さんのご紹介してらした、これも最高に素敵。

しかし今、新しいアイルランド音楽ファンの人たちはデ・ダナンとか知らないんじゃないかしら。ユーモアと、アメリカ人が持つアイルランドへのノスタルジーを受け止めてくれる営業バンドの感覚とすごいプレイヤーたちが揃った奇跡のグループだった。