bar clear all


2011年6月23日木曜日

「ダイアモンド・マウンテン」、あるいは「道路工事」

昨日クリス・ドレヴァー(ラウー/ギター)がアップしていてFBで話題になっていた映像。



この曲を聞いてピンときた人は、すごい。実はシャロン・シャノンの「ダイアモンド・マウンテン・セッションズ」に収録されている「ザ・ダイアモンド・マウンテン」と同じ曲。そういや確かにシャロンもこの曲の演奏前には「道路工事」というタイトルだった、と紹介していたような。さすがのシャロンもこのタイトルはありえないだろう、と思ったのだろう。なんて言ってもアルバムのタイトルトラックだったし。アルバムタイトルが「道路工事セッションズ」じゃ、いただけない。おそらく「ダイアモンド・マウンテンにしていい?」と、シャロンがイアンに聞いたら、イアンは「何でもいいよ」と答えたに違いない。

イアン・カーのペンによる作品なんだけど、私がクリスの投稿に反応して「これ、確かアンディ・カッティングの作曲よね」とクリスのウォールにコメントしたら「俺だよ〜っっ、俺。ヒゲはやしているから分からなかったかなぁ!」とかイアン本人が書き込んできて、私の間違いはあっという間に訂正された。なんか笑えた。いいよね、Facebook!

そう、このトリオのギターはイアン・カー、そしてヴィオラはご存知ミッケ・マリーン(ヴェーセン)。

それにしてもシャロンのあのポップで可愛い演奏とは、まるで違う。フィドルもギコギコ言っていて、コード感も不思議な感じ。シャロンのヴァージョン、ネット上で探してみたけど、このくらいしか見つからなかった。

教訓:このテのミュージシャンのタイトルはいい加減だから気をつけろ。

FACEBOOKは無事に308名になりました〜。ありがとうございます。頑張って運営していきたいと思います。せっかくだから、単なる私のブログや情報発信だけではなく、FBの特性をいかした皆さんの交流の場になればと思っています。おすすめのアーティストやライブ、CDの感想など。自由にWallに書き込んでください。けっこうウチのアーティストたちも参加しているので、英語でかけば彼らにも伝わりますよ。