bar clear all


2011年8月2日火曜日

早稲田大学に行ってきたよ! 3

早稲田大学シリーズの続きです。(すみません、終わったと思ってたでしょ。あともう2回くらいはやります)

「3人のやつ良かったです!! ハンガリーの田舎の風景が見えてくるようです(田舎知らないけど)。ジョンかっこいい!「売れない」と分かっていてビジネスする、その気力はすばらしいです」

3人のやつってヴェーセンの事ね。ヴェーセンって言うの。スウェーデンのバンドよ。覚えてね。今度の来日公演は学生さんにはチケットは高いかもしれないけど、でもいつかたくさん稼いでウチの公演に来てね。

そうなのよ、売れない。売れないの。でもいいの。私が食べて行ければ大きく成功しなくてもね。とにかく今、すごく幸せ。ずっとこのままこの仕事を続けていければ私は大満足なんだ……でもこんな事言っているようじゃ、いつまでたってもヒットは出ないね(笑) っていうか、ヒットはきっと何か大事なものを失わないと出ないのかなと思う。神様は公平だわ、ホント。でもヴェーセンもジョンも私と一緒に仕事が出来て良かったなとおもっていてくれると思う。ヴェーセンなんて、今度のツアーで6回目の来日だよ。ポップスやロックの人気グループでも何回も来日できるバンドは少ないし、ホントによく続いていると思う。続けることが成功なんだと最近分かったんだ。


「リスクの高いことは極力避けたいと思う人間ですし、夢と言えば自分の家庭を持ちたいというくらいなので、野崎さんはすごい存在、というか遠い存在です」

そんな事ないよー。家庭をつくる。家庭を守る。いいよね。そっちの方が事業としては、うんとクリエイティブな事業かもしれない。レーベル運営するのなんて、それに比べたらチョロいよ。で、楽しいし、楽しいことやってお金も入ってくるんだから、やっぱり私は仕事がいいな。仕事が楽しいって大事だよね。自分の使っている時間のほとんどが楽しいって事になるんだから。自分の家庭……いいなぁ! 家庭も楽しかったらホントに人生すべてが楽しいと思う。だからあなたにアドバイスできる事があるとしたらただ1つ。結婚するにしてもね、社会活動はなんらかの形でしたらいいと思う。社会に参加することはお金になる/ならないを超えて大事な事。そして家庭と社会活動、両方実現できたら、ほんとうに女性として完璧な人生じゃないかな。今からだったらそれが実現可能だよね。うらやましーっっっ! 


「結婚願望とか将来への不安とかないのかなーと、同じ女性としてお話しが聞きたいと思いました」

まずは……いいね〜、結婚願望。私もね、いつかは結婚したい。ご縁があればとは思っています。まだ諦めたわけじゃないぞ〜!! というか結婚は別にどうでもいいんだけど、子供は産んでみたかったね。もう45だし無理だとは思っているけど。でもこれもどうしても欲しくなったら養子をもらえばいい事だしね。でもさー、子供がいても、その子がいい子に育つ可能性低いよ。人に迷惑かける子じゃなきゃ別にどんな子でもいいんだけど、いくら自分の子供とはいえ自分の所有物じゃないんだから自分の自由にならない。人殺しや犯罪者になっちゃう子供もいる。だから、あれこれ考えると、一番ベストなプランとしては、今、好きなだけ仕事をして、飽きたら引退して田舎にひっこみ、超貧乏生活を送る。で、犬を飼う。割と大きな洋犬。それで私の人生完璧(笑) 重要なのは自分の人生設計を自分で考えて実行に移せることじゃないかな。そのためにも、まずは自分で経済的に独立。結婚しても旦那に頼ってはいけない。そして親からも早く独立する。これはすごい重要なことだと思う。

老後の不安は普通にありますよ。それどころかあと2、3年先の仕事も不安。この仕事はプランニングが1年半くらい先行しているから、まぁ来年いっぱいは大丈夫だろうというのはある。でもその先は分からない。そんな中、今できることはせいぜい健康に気をつけることじゃないかしら。で、健康でさえいれば、自分一人が生きて行くのは、実際どーにでもなる。仕事がきつくなってきたらバイトでもすればいい事だし……と非常に軽く考えている。「どーにでもなる」そこが私の一番の強みかな。生活レベルもすごく低く抑えているしさ。食べ物以外はほとんどお金を使わない。以前は旅行にも使ってたけど、今やほとんどクレジットカードのマイレージだし。服も人からもらう事が多い。これが普段からお金使うタイプだったら生きて行くのは厳しいと思うけどね。どんなものからも自由でいること。これも重要。特に自分の欲求から自由でいることは非常に大事だと思う。その分、大らかでいられるし、不安も少なくなるよ〜。あとさらに重要なのは「こんな完璧な生活それほど長く続かないだろう、であれば、余計、今、目一杯楽しまないと」という考え方もある。せっかくうまく行っているんだから、それを楽しむ。辛いことは辛くなってから考えればいい。とにかくただでさえ世の中大変な事が多いんだから、自分の事くらい気楽に考えないと!(って楽観的すぎるかなぁ。でも悲観的になっても一銭も儲からないし、時間の無駄だよね)


「私はいろんな意味で野崎さんと正反対の人間なので、今回は本当に貴重な体験でした。自分の生活の核となる様な趣味はなく、一つの事に入り込める性格でもありません。【嘘でもいいから大きな目標を作る】とおっしゃっていた様に、まず形から入って具体的に行動していく事も必要だな、と思いました。正直言うと私は自分に自信がありません。サークル内でも役に立つのか、自分が居て意味があるのか、自分にとってこのサークル活動が役立つのか等を考えて止めるべきかどうか悩んでいます。自分の存在自体に意味を感じなくなったり、自分のやっている事が不安になる事があります。これからの人生が不安です」

私も自分に自信が持てるようになったのって30代真ん中くらいだったかもしれない。もうよく思い出せないんだけど……たぶんそのくらい。でも自分が役にたっていると感じる方法はいくつかある。それはもう徹底的に他の人を愛すること(笑)。ちょっとクサいけどね。私は今、一緒に仕事をしてるミュージシャンたちに出会えて、はじめて自信がもらえた。徹底的に今のミュージシャンたちに愛情をそそぐことで、自分の存在意義を感じられるようになった。でも、これは自然に出来たんだよね。だって相手は大好きなミュージシャンばっかりだからさー(笑)超簡単な事だったよ。自分のことばっかり考えていると、実は自信なんていつまでたっても得ることができないよ。よく分からないけど、私の例をとって言うならば、まずは自分が徹底的に愛情を振りまける位置に自分を置くことじゃないかな。

「自分の生活の核となる趣味はなく」と言っているから、まだいろんなことにピンと来ていないのだと推測するけど、私も19になるまで、何も考えていなかったからね。そういう「趣味」とか「好きな事」ってどうやって出会うんだろうね。私はもう出会っちゃったから、どうやって出会ったのか、今はもう思い出せないよ。でも今でも新しいアーティストと契約するときに考える事は、松田聖子じゃないけど、ビビッと来る。それこそ恋に落ちるような感じ? 自分が一緒に仕事をするアーティストは、そりゃあ、もう一発ですぐ分かる。まぁ、でもそれは職業柄、経験値から来るものかと思うけど。

よく「自分の好きな事が分かりません」って言う人がいたりすると、「例えばあなたがすごく疲れて家に帰ってきて、もうすぐにでも寝たいのに、ついつい時間を忘れてやってしまう、それがあなたの好きな事」って説明するようにしているんだけど、心当たりない?(笑) ゲームでもTVでもコンピューターでも、なんでもいいんだけどな。そこから少し自分が何を好きか,考えてみるのも一つの解決方法かも?

サークル、どんなサークルか分からないけど、まずはやるべきことを徹底的にやってみて……それでもピンと来なかったら辞めるというのも一つの選択肢かもしれない。でもまずはやれることをやってからじゃないとダメだよ。やれることをやる=愛情を惜しみなくまわりに振りまく。サークルの活動、サークルのメンバー。みんな無理矢理にでも好きになると、実はそこから見えてくるものがある。それでも見えてこなければ、これはもう向いていないということで諦めるしかないかもしれない。ちょっと期間を区切って試してみたら? たとえば3週間我慢して、こちらから愛情をふりまく努力してみる。で、ダメだったら考える、とか?

人生が不安。不安なのは、私もそうだよー、だってこの商売、ほんとに不安定なんだよ。でも続けているんだ。というのも、冷静に考えて、リスクが少なければ、ホントにどうにでもなるから。もちろんあなたの目的がものすごくリッチなライフスタイルだったり、何人も養ったり、大きな家に住んだり、子供をいい学校に入れる事が必須なのだとしたら、これはもう大変だと思うし、それを維持するためには、もう心配で心配でしょうがないだろうけど、ベーシックな生活ならきっと大丈夫。そんなに不安になる必要はないはず。それに、今の時代、安定もとめて嫌々会社員やったとしても、ずっとそのままでいれる補償なんてないんだから。だったら不安定でも好きな仕事をした方が良いに決まっている。

っていうか、もう私の場合、出来ないと思う(笑)。いわゆる定時に起きて、定時に出社するという、その事が……!! エクセルもワードも苦手だし、パワポも使えないから、OL失格だね〜。



すみません、このシリーズ、まだ何回か続きます。