bar clear all


2011年10月14日金曜日

ちょっとぐっと来る話:Last Time I Saw Steve Jobs

ちょっとぐっと来る話。The last time I saw Steve Jobs 日本語はここ

Twitterで津田さんが紹介していて知ったブログ。ここでの感想はまちまちだと思うが、私には分かる。私も世界で一番小さいけれど、ちょっとした創業者の一人として。

ここで分かるのは、スティーブがいい人とか、そんな事じゃない。スティーブは自分個人のプライドなんかよりも、自分が作ったアップルを愛してくれる親子が嬉しかったのだ。わざわざ写真を撮ってくれる親子が嬉しかったのだ。くぅーーー泣かせるなぁ、スティーブは。会社や事業をやってなくても、会社で学校でコミュニティで…自分で何かをなしたげた人なら分かる。私も自分が応援したアーティストが世間に認められるのが一番嬉しいもの。

でも世の中にはチマチマした自分のプライドにしがみついている人たちもいる。音楽業界なんてその最たる例だ。ウチは小さなレーベルで、小さなプロモーターで、すごく貧乏だけど、いつも山口洋が言うように「貧乏くさく」なりたくはないと思う。小さくてもちゃんと(正しい)プライドを持って。自信を持って。そして大らかに仕事をして行きたい。