bar clear all


2014年3月12日水曜日

ありがとう、そして頑張ろう

3.11ということで、たくさんの追悼のことばがSNSのタイムラインに並ぶ。みんながこんなに思いを寄せているのに、なんで物事が良くならないのかな。ホントに悔しい… 

税金だけじゃなく、あれだけ寄付したお金もどこに行っちゃったんだろ。私一人だって相当無理して寄付をした。もっともそれはどう使われたかはっきり出来るところに寄付したので、それについては満足している。一つは東北に軽トラを走らせた友達が購入した物資になった。そしてもう一つは千葉県の大学生が東北へ行くための渡航費に使われた。でも税金とかどうなっちゃったんだろうね。

…でも、私は悩む時間がもったいないと思っている人間なので、自分でやるべきことについては、もう結論は出してんだ。自分なりに津波で亡くなった人たちへの追悼として考えていることがあって、それを果たす事で、自分の責任を果たそうと思ったりいる。ま,免罪符ってところなのかな? でも東北に人脈のない自分がゼロから動くより、自分が信頼できる誰かを手伝ったほうが世の中のためにもいいと思うんだよね。

思っていたり、考えていたりするだけじゃ、全然ダメなんだよ。みんな少しでいいから行動しなくっちゃ。だからオイラはオイラのやり方で行動するよ。信頼できる人を手伝う。だからあんまり悩んでない。

当時のことを思い出すと、六本木のクラブハウスがオープンしたのをいいことに、あそこに集まって友達と語ってばかりいた。もう、ホントにそれだけだ。私に必要なのはあれだけだった。

美味しい食べ物。そして友達。友達、ありがとう。クラブハウス、ありがとう。