bar clear all


2014年5月11日日曜日

シンスプリントの治し方 2 (またはレッグマジック奮闘記)

走りすぎてシンスプリントになりました。自然治癒しか方法がないようなので、とりあえず自分であれこれ試しています。ここはその記録。その1から続く…

13日目
朝早く地震で目が覚めるものの、それほど揺れなかったせいもあって、起き上がりもせずback to sleep。足立区に越してきてから、この建物はほとんど揺れない。10時すぎに起床。昨日は食べ過ぎだし飲み過ぎた。レッグマジック再び。6日目。もう筋肉痛は出ない…気がする。いいぞ! が、筋肉通がない分、シンスプリントの右足が気になる。むむ…

14日目
朝7時に起きてロザリー先生とワークアウト。だいぶロザリー先生についていけるようになったレッグマジック7日目。消防署見学プラス午後商店街をウロウロし結構歩いたので、シンスプリントに痛みが少し出る。うーむ。

15日目
レッグマジックは8日目。だいぶ良い感じ。あいかわらず腕立て伏せのところは膝でやらないと出来ない。今日は結構歩く必要があったのでサポーターを持って出た。2kmほど歩いたら足が痛いのなんの…諦めてサポーター装着。そしたら魔法のように足は痛くなくなった。すごいザムストのサポーター。3000円もしただけある。ただこれに頼るとずっと手放せなくなるらしいので、家に戻ってはずす。もう全然痛くないが、サポーターを外した足は、シンスプリントのところだけが明らかに腫れているのがすごく良くわかる。不気味。夜はひたすら冷す。

16日目
昨日たくさん歩いたせいか、足がまだ熱っぽい。熱っぽいと、やっぱり冷したくなる。シンスプリントは冷やすのがいいのか、あっためるのがいいのか、今だに分からない。いずれにしても朝からレッグマジック。あいかわらず足を開いて腰をさげる運動のところで挫折する。腕立てふせは膝を曲げないとできない…等、先は長い。

17日目
レッグマジック9日目。かなり楽になってきた。シンスプリントの方は痛みの種類が変化してきた。前はズーーンって感じだったのが、今朝は刺すような痛みになってきた。うーん。でも痛いのはホントに短時間だけで、大抵は何事もなかったようにすごせる。まだ先は長いのか。ホントに100日かかるのか。

18日目
レッグマジック10日目。すごい! 10日続いたか。もう筋肉痛は全然出ない。が、筋肉がついている気もしない。効果あるんだろうか。でもとりあえず続けよう。走れないうちはこれをやるしかない。今日もレッグマジックの後はお風呂で足をモミモミ。ちょっとモミ方を変えてみたりした。効果があるような、ないような… でも10km走ってたのを考えれば、レッグマジック→足モミコースが1時間かからず終了しちゃうのは、ホントに楽。しかもなんだか太ももとお尻の境目が出来てきたような…気がする。というか、今まで境目がなかったんだよ!

19日目
絶対に新しいモミ方は効果が出ている。というのも昨日あれだけ歩いたのに全然痛くなってないからだ。でもまだシンスプリントの部分は触ると熱を持っている。熱を持っていると冷やしたくなるのが人情だが、某HPでは「肉は冷やすと固くなるでしょ? 治りが遅くなりますよ」とか書いてあって、ごもっともとも思う。冷やすと気持ちいいのでついついやってしまうが、おそらく良くないと思われる。レッグマジックは11日目。なかなか順調。もう完全に違和感なし。筋肉痛もまったくなし。筋肉が出てているんだろうか。でも腕立て伏せは出来ません。It's only 13 minutes!とか言われると頑張らなくちゃと思う。だって前は80分走ってたわけだから…

ロザリー先生の日本語版見つけた。日本語でやってみたら、結構間違って英語を理解してたことも発覚。オイラのアメリカ英語はまったく当てにならない。今週はアメリカ人のマネジメントとのミーティングもあり。大丈夫だろうか、オレ(笑)




PS
わたしのシンスプリントは60日で治りました。全体のストーリーを知りたい方は、下の「シンスプリント」のタグをクリックください。