bar clear all


2014年5月4日日曜日

シンスプリントの治し方

シンスプリントになった。足の足首より上、弁慶の泣き所より内側部分が痛くなる足の故障で、筋肉がたりない初心者ランナーがなる。なりがちな人…という条件5つのうち2つが「女」「デブ」とあり…トホホと思う。

同じ故障になった人のために、私の症状および対処法を参考までにメモをすることにした。それにしても今では何があってもググればたくさん情報が出てくる。でもたくさんサイトがあっても、くどくどと意味のないことを並べ、viewer数かせぎじゃねーか的サイトも多し。

私が見つけたサイトの中で、ここが一番良いように思います

ちなみに私は初心者ランナーだが、もう1年以上ほぼ毎日走っている。最初は5km(45分)。それを半年以上。ここ3、4ケ月くらいは7km(1時間)平均で、確かに年が開けてから調子にのって9kmとか10kmとか走っていた。それがいけなかったのだろうか。以下、日記。

症状発症前日
右足の調子がなんだかヘン。それでも5km走る。この日は時間がなくて5kmしか走れず。

症状発症初日
右足明らかにヘン。走っていると相当痛い。時間はたっぷりあったし荒川土手のコンディションも最高だったのに結局5kmしか走れず、悔しいながらも家に戻る。これは明らかにおかしい。あれこれググって調べてみて、ようやく「シンスプリント」という言葉にたどりつく。症状/治し方、情報はネットでいくらでも出てくる。冷した方がいい、冷さない方がいい…などいろいろ。いずれにしても自然治癒しかない。走ろうと思えば走れてしまうのが、やっかい。でも走り続けると疲労骨折となり、そうなるとなかなか治らなくなってしまうらしい。症状が進んでしまうと、足を地面につけられなくなるくらい痛くなるらしい。でも、とにかく我慢して休めば治る病気。仕方なしにとにかく休むことにする。トホホ。

3日目
営業で新宿に来たついでにサポーターを買ってみる。ネットで「これはいい」という評判のやつを新宿FLAGSの中のスポーツ屋で見つけたので買ってみた。3,500円くらいした。ただし、サポーターやインソールは、装着するとそれらに頼る体になるそうで決定的な解決にならない、とのこと。しかも私も場合、装着してもなんか意識がそこに行くばかりであまり効果もないように思える。なので、あまり使わず。

ちなみに痛みは冷せばいいという説とあっためた方がいいという両方があり判断が難しい。冷せばあきらかに痛いのは、その瞬間は取れるし、相当気持ちいい。さわってみると確かに熱を持っているような感覚もあるので、冷したくなるのも人情だ。あと痛みを取るためにはお灸も効く。押して痛いところをペンでマークし、その上にお灸を置いていく。これは明らかに効く。お灸すごい!

またお風呂の中でマッサージもやる。参考映像。




4/5日目
かなり痛みは緩和されていく。発症してからも基本、普段の生活にはまったく支障がない。実際、子供で部活動などで痛くても無理してプレイしちゃう子いっぱいいるらしい。シンスプリントは軽いと継続しちゃうのが問題らしい。とにかく痛みがすっかり取れて、左足と同じになるまでは我慢。

6日目
かなり良い。もう1日休めば大丈夫かな…

7日目
荒川土手に出て走り出してみたところ、やっぱり痛くなり、仕方なく1km行って歩いて戻ってくる。合計2km。どよーん。まとめて2週間休む決意をする。休んでダメだったら医者…というかスポーツ整体に行くか…

8日目
薬局にいったらバンテリンが目に入り、「えらい高いなー、これ」と思うが取りあえず700円のやつを買ってみる。装着するとヒヤリとするが、効果はあるんだろうか。しかし、これ結構強い薬らしく、ぜんそく持ちは仕様できないとか、いろいろあるらしい。薬業界はバブル崩壊以来、規制緩和が進みすぎて、最近広告内容も実際の商品も、かなりヤバい線を行っているような気がするんだ。売り薬に注意! しかもバンテリンは使いすぎると筋肉が痩せてしまい、結局逆効果になってしまうとの情報も複数の場で発見。とりあえずこれ1箱(7枚入り)だけ使って追加は買うまい、と決意。

またあまりに運動しないのは、そろそろヤバいと思い、何年も前に楽天のポイントでゲットしたレッグマジックを出してみる。13分のエクササイズが基本なんだが… き、効くうぅ〜 メニューの半分くらいしか出来ず。それでも汗だくになり満足感あり。でもこのくらいの汗じゃなぁ! 10kmとか走った日にはほんと上から下までビッショビショになるんだが… 

しかし思い出されるは、福岡で行ったマッサージ。ベテランらしいおばちゃんに「足首が固い」と指摘されたこと。私は肩こりにせよ、何によ、自覚症状がなさすぎる。でもってマッサージに行くとホントにびっくりされる。「ゆ、指が入りません」とか言われる。要は身体が固すぎるんだよなー。肩だけではなくコリは腰まで来ているらしいのだが、腰痛などになったことは一度もなく、自覚症状ゼロなので、来る時はいきなり大きなギックリが来そうで本当に怖い。まぁ、だからといって心配してもしょうがないんだけど。

9日目
レッグマジック2日目。13分のエクササイズ。あっという間に下半身が筋肉痛。しかし…走っていたときはまったく筋肉痛が出なかったのに、レッグマジック、すごすぎる。床に物を拾うのもウウウウ…という感じ。効くなぁ! しかしレッグマジックはあくまで筋肉を付けるもので痩せるためのものではない。なので、やはり走れない間は食べるのは我慢しないといけない。ううう…つらい。右足はなんとなく小康状態。でもバンテリンが効いてるような気もする。もっとも今日は自転車に数km載って近所の郵便局や、パン屋に行った以外はほとんど外出もせず。

筋肉をつけるのがシンスプリントの最大の予防法なのだが、ちなみにレッグマジックだけでは筋肉がつくのは腰まわりと太もものみ。ふくらはぎは全然ダメ。レッグマジックが効く身体になったら本格的にジムにでも行くか…

10日目
レッグマジック3日目。おかげで足がすごい筋肉痛。加えて今日は坂の多い渋谷を重めの荷物をもってあるいたせいか、シンスプリント特有の痛みが戻って来てしまった。とほほ。帰って来てからお灸をたくさんする。バンテリンは、なんだかイヤになって辞める。まだ3枚くらい箱の中に残っているんだが…

11日目
レッグマジック…すごい。すでに太ももの内側に筋肉が付いてきたような気がする。いずれにしてもすごい筋肉痛。夜にGW開けにスポーツ整体にいよいよ行ってみるか…と思いたちあれこれググって調べる。赤羽に良さそうな先生を発見。GW開けに行ってみようか。歯医者以外の医者に会うのはたぶん20年ぶりくらいだ。しかし同時に「シンスプリントの治癒は平均100日」というのも発見してしまい、がっくり…

12日目
レッグマジック5日目。だいぶロザリー先生に付いて行けるようになったが、実際はこの映像の半分も出来ていない。レッグマジックに乗る(13分)→汗だく→お風呂に入ってモミモミ…というコースで45分くらいで終わってしまうのが、いい。これがランだと2時間、まるまる取られるわけだから。ただランと違ってカロリーは全然消費できてないんだよ…それを自覚しないといけない。食べものを控えなければ。…といいつつ、今日は友人宅で呑み/食べ/音楽三昧予定。(続く)

しかしこのDVDよく出来てる。「Stay with me!」「Half way through!」「few more,  5 more,  4 more, 3 more...」英語の勉強にもなるよ。



PS
わたしのシンスプリントは60日で治りました。全体のストーリーを知りたい方は、下の「シンスプリント」のタグをクリックください。