bar clear all


2015年8月16日日曜日

ギルバート・オサリバン


で、今日は料理教室が終わったあとは今回ご協力いただいたS野さんと一緒に、六本木ビルボードで行われたギルバート・オサリバンのコンサートへ。サマソニ・ウィークエンドですが、1部から結構一杯でした。

本当は昨日行こうと思ってたのに仕事が進まなくて行けず、で、今日は料理教室次第で行けるかどうかギリギリまで分からなかったのだけど、なんとか1部に行くことが出来ました。良かった。

で、公演の内容もすごく良かった。それにしてもこの超有名曲のギターソロのところ、ビル・シャンリーがコンサートでは弾くんだけど、オリジナルのレコーディングでは誰が弾いているんだっけ? ほとんど歌のメロディをなぞるようにアコギの音が響き、最後にそれをうけてオサリバンが「Alone Aagain …Naturally」と歌う。

そんな重要なところをビルが弾く…。ビルはポール・ブレイディのコンサートでも、メアリー・ブラックのコンサートでも、レイ・デイヴィスのコンサートでも、同じようにファンの人たちが思い入れている曲はオリジナルレコーディングになるべく忠実に弾く。いろいろ思う。いつも素敵なフレーズ。ビルが20年前…ちょうど20年前だ…「サーカス」の年だから…初来日してメアリーのバックバンドに入った時はデクラン・シノットの後がまとして、とても心配したのだけど…もちろんそんな20年前ならともかく今のビルはいつでも安心して聞いていられる素晴らしいギタリストになったのだが… というか、オレなんかよりもよっぽど出世して大売れっ子ミュージシャンになったのだが…

こういうヒットソングが背負っている人の期待とか思い入れとか愛情とか、そんなものをあれこれ考えた。それを思うと人間はちっぽけだな、音楽の方が大きいな、と思う。

オサリバン、ラテンがコンセプトだという新作からの曲もすごく良かった。そしてみんなが期待する曲はすべて歌ってくれたね。最後はピアノ椅子の上にのって大熱演。いつもと変わらない声が素晴らしい。また来てね!! 大阪公演はこれからみたいですので、みなさん、ぜひ!





PS
ビル(ギター)とロッド(ドラム)に最近のおすすめアイリッシュバンドは?と言ったら、ロッドはこれを推薦。デバラのニューバンド。これ

ビルからはこんなCDをもらいました。




















曲目がすごい(笑)  BANDのサイトはここ