bar clear all


2017年6月20日火曜日

SNSについて考える 



さとなおさんのこれ、さすがだと思う。SNSを使って何かを発信している人は、考えた方がいい。まずはこのブログよりも、上の投稿を全部ちゃんと読んでね。

パレードの法則(働き蟻の法則)=上位2割が8割をしめる。働き蟻の働きぶりでも、オフィス内の人間の働きぶりでも(笑)、そして物の売り上げでも。

それで見れば、日本でSNSに定期的に目を通すのはたった540万人。残りの1億2133万人に、フェイスブックでの声はほぼ届かない。

SNSで、あれこれ自分の仕事の宣伝をしたり、政権批判をすることは大事だと思う。でも本気で世の中変えたいと思っているなら、それだけでは足りない、ということを自覚しておこう、とさとなおさんは言っているのだ。

「何かを変えたいなら、アプローチを変えないと。
SNSとかほとんどやってない層に届く方法をもっと真剣に考えないと(個人的にはスモールグループのつらなりがキーポイントだと思うけど)」
「※念のため追記
540万人はマーケティング的には小さくない。アーリーアダプターの塊だし。
ただ、もし共謀罪みたいなものを変えたいならとても小さい。この投稿の趣旨はそのつもりです。読み取りにくくて申し訳ない」

ホントに世の中変えたいなら、だ。ただ単に自分が言って気持ちがいいから言ってるだけなら別だ。もちろん新聞やテレビなどの大メディアを動かせって言っているわけではない。でも例えば、せめてSNS以外の、固定されたインターネット上にきちんと情報整理しようよ。ホームページ作ったり、ブログにしたり、ちゃんと情報を後からでもきちんと検索できるようにしておかないと、SNSだけでは単なる思いの垂れ流しである。どんなに気の効いたことを言っても、サイバーの波にどんどん流されて行く。他にも、私の知っている主婦の友人は、本当に世の中に言いたいことがあったので、ちゃんと区役所にいって陳情というのをやってきたそうである。また地元の政治家の事務所を訪ねてきちんと話をしたそうである。ホントに偉いと思う。本気で世の中変えたいなら、そういうことも同時にやっていかないと、ダメなんじゃないかと思うんだよね。

もちろん、SNSで叫ぶだけでもすごいことだ、と、叫んでいたら誰かが聞いてくれるかもしれない…と、信じている人を止めるつもりはない。ただ私自身に関していえば、自分の行動や時間が無駄になるって耐えられないんだよね。だから友達がみんな熱意を持って一生懸命叫んでいることが無駄になっているのを観ると、ついつい言いたくなるんだよ。「SNSで叫んでるだけじゃ全然意味ないですよ」って。

そうやって私たちがSNSにかまけているあいだに、マジョリティは、み〜んな自民党に投票してんだから。

いや、SNS素晴らしいですよ。だいたいインターネットやSNSがなければ、ウチの仕事はこんなに上手く行ってない。

でもSNSなんて、単なるゲームなのだ、という事はわきまえていないといけない。先日久しぶりにアメリカ人の友人と話したのだけど、SNSで見ると彼女がプロデュースしているイベントは、一見えらい盛り上がっているように見える。周りの人からも、すごいわねーなんて言われるという。でも「実態は厳しいのよ」と彼女は言う。なんと先日のイベントには、1人しかお客が来なかったというのだ。でも「SNSではすごく良い印象の写真を撮って載せたので、みんな成功したと思ってんのよ…」と彼女は笑っていた。

ウチもさぞ仕事が盛り上がっているように見えるかもしれないけど、それは当然SNSが宣伝の場だからであって、自ら進んでネガティブなことなんて書くわけがない。だから分からないと思うけど、こっちも現状はホント〜に死ぬほど大変なんだ、みたいに返せば、彼女は、「でもあれだけあなたが写真を載せたり、あちこちに発信するのは、それだけ自分の仕事が好きだ、って事なのよ。それだけでも素晴らしいわ…」なんて、言ってくれて、ちょっと感動。いいよなぁ、エイミーは!(数少ないアメリカの友人)

しかし人の生活にSNSがいかに大きな位置を閉めているのかも、同時に分かるのだ。SNSでの友達の言動にめっちゃデリケートに反応して傷付き、そのことで悩んでたり怒ったりもする友人も多い。でも、そんな時、私は心の中でこっそり思うのだ…「ちっちぇ…」と。でもそんなことはその場では口が避けても言えないので、私もちっちぇよね(笑) でも足下見てたら,何も出来ないでしょう? それが言いたいの。もっと大きく視野を持とうよ! 大切なあなたのことをもっと理解してくれている人はたくさんいる!

タイムラインなんて、時間より早く流れていくゲームなんだよ… そんなことより健康で動けるのであったなら、自分にしか出来ない何かを世の中に残していこうよ…と思う。

今日も厳しかったかしら。でもまぁ、張り切って行きましょうよ、ねっ? 

明日はこのバンドがやってくる。野崎も今回はプロモーションおよび現場のお手伝いをしております。O-EASTのチケットはもうないかもだけど、O-WESTの単独公演ならあるよ。是非来てね! 詳細、チケットの入手方法はここ。
明日、彼らはスウェーデンからやってくる。今日の午後には嬉しいお知らせもありますよ。

PS ってなわけで告知(現在18:20現在)