bar clear all


2016年10月16日日曜日

ロビン・ヒッチコック&エンマ・シフト、ありがとう〜

いやー 良かった。10年ぶりのロビン。会うのは確か5年くらい前にロンドンで一緒にご飯食べたと思ったけど、それ以来で、とにかく公演は超久しぶりだったのでした。ヴィーナス3との公演が、2006年10月だったので10年ぶり。いや〜 ホントに楽しかった。ロビンはやっぱり一緒にいると楽しい。とにかく会話がいいのよねぇ…

南青山マンダラの公演は、ホントに素晴らしくて、なんか歌が良かったよね。歌がしみじみ沁みるというか…。ロビンってソングライターだけど、同時にすごいシンガーだと思う。鼻にかかった高い声から、低音のうんと低い声まで、ぐわーんと行く感じがたまらなく気持ちいい。ヴォーカル・コントロールが効いているというか…。ものすごい自分の声を分かっている。この上から下にさがる感じはブリティッシュのミドルクラス?特有なのかしらん…。ちょっとクリス・マーティンのミック・ジャガーの物まね思い出しちゃった。リンク先の映像の4:38くらい。それはともかく…

エンマは私は今回初めてだったけど、すごくいい子で楽しかった。若い子がいると、こっちもアクティブになるよね。歳とると仕事して、ご飯食べて,飲んで、あとは時差ぼけと戦うだけだけどさ(笑) 



エンマは渋谷で、こんな可愛いネイルもやってもらいました。本人すごく気に入ったようです。到着した瞬間からネールするんだ、ネールするんだ、ってずっと言ってた。念願かなって猫ネイルです。

親切にしてくださったespoirのお姉さん、ありがとうございました。

ロビンはその間、肩を中心にマッサージを堪能。リファンインさんに感謝。こちらも大満足。









で、こちらはサウンドチェックの様子。何か知らないけど前日の「カラオケ生中継」の反応がすごかったのに気を良くしたのか「live中継しろ」と自らのお達しが突然降りて来た(笑)



Television沁みましたなぁ… これ歌詞もいいんだよね。いつか対訳やってみたい。ギリアン・ウェルチの役をエンマが引受けて、ハーモニーもいい感じ。「テレビジョン、お前のディメンションに僕は小さすぎる…」

いや〜それにしても良かった。今までのロビンの公演で一番良かったかも。今回、この公演、急に決まって最初オーストラリアの途中に行くからなんて言ってたんだけど、このタイミングになり、そしてふたを開けてみれば、ロビンとエンマはロサンゼルス公演→東京公演→英国ブリストル公演…というツアーになったのでした。忙しい!

本当に満員のお客さんで、ホントにホントにご来場くださった方には感謝です。特に遠くからわざわざ来てくださったお客さんもありがとう。関西とかないんですか、と言われたけど、行けば赤字がひどくなるだけなので、今回は東京だけでした。すみません、私の力が足りなくって。それにしてもウチみたいなところのミュージシャンやバンドなんて、100人誰かがチケット売ってくれればすぐ行けるんだよ。ネットがこれだけ発達した今、早くそういう時代にならんもんかな…といつも思う。誰か地方公演クラウンド・ファウンディングでもやらないかしら。「誰々を何処何処に呼ぼう!」みたいな。もっとも、やったところできっと世間の厳しさを身にしみて感じるだけだと思うけど…。それはさておき。

でもホント、グレンの奥さんもいつだったか言ってたけど、今あるものに感謝しようじゃありませんか。それが大事だよ、と。今、ロビンが元気で、エンマが元気で、一緒に日本に来てくれた。みんなで南青山に集って,素晴らしい公演を楽しめた。それでいいんじゃないかな。

私はというと、たった1公演なんだけどすごく疲れて今回忘れ物は2度もするし、ボケミスも多いし(もっともツアーに支障を出さないところは自分でもプロだと思うけど)なんか自分のツアーに対しての精神力に限界を感じてきた。ロビンとか60越えても頑張ってるけど、私はたぶんもっとうんと早く引退したい。それを思うと、1つ1つのツアーを大事にしなくちゃと思う。

この企画、とにかく急に決まって、ICE STATIONとかは、もう1年以上前にとっくに決まってたんで、そこに滑り込むようにしてロビンのスケジュールが間に入っちゃった。いつかまたみんなで一緒にできるといいんだけど… 

そうそう、ICE STATIONのチケットを会場で売っていたら、お客さんに聞かれたんだけど「どんな曲やるんですか?」って。それはノルウェーのICE STATIONのセットリストをここに載せてるから見てみて…  R.E.M.の曲もきっとやると思いますよ、マイクがヴォーカルの曲があるから。

さて何はともあれ、その前に!! 次の公演は20周年公演。頭切り替えていかないと… こういう時が一番つらい。あんなに素晴らしい音楽を忘れて,次に行かないと行けない時が一番つらい。ホントに精神的に良くないわ… 次に切り替えるのが大変。でも心を鬼にして次に進まなければ。

ありがとうロビン&エンマ。またね。そしてご来場くださったお客様、CDやLPやTシャツを買ってくださったお客様、本当にありがとうございました。

打ち上げで音楽ライターの五十嵐正さん、荒田光一さんと。ありがとうございました。

PS
セットリスト、taka_Aさんが提供してくれました。私もメモれなかったので感謝です。

【Emma Swift】
Woodland Street
Bittersweet
Hickory Wind(The Byrds Cover)

【Robyn Hitchcock】
Balloon Man
My Wife And My Dead Wife
Sally Was A Legend
I Often Dream Of Trains
Somewhere Apart
Be Still
Queen Elvis (w/Emma Swift)
Life Is Change (w/Emma Swift)
Love Is A Drag (w/Emma Swift)
Television (w/Emma Swift)
Cathedral
Adventure Rocket Ship
The Queen Of Eyes
Madonna Of The Wasps
Mad Shelly's Letterbox
Ole! Tarantula

Jealous Guy (John Lennon Cover)
Just Like Woman (Bob Dylan Cover) (w/Emma Swift)

The Crystal Ship (The Doors Cover)
River Man (Nick Drake Cover)
Pale Blue Eyes (The Velvet Underground Cover) (w/Emma Swift)