bar clear all


2018年3月31日土曜日

ヴェーセンのフレンチ・アルバムが『1993』というタイトルでデジタルで手に入るようになったよ!


ヴェーセンの通称「フレンチ・アルバム」こと『Essence』がバンドの手に戻ったらしく、通常チャンネルで再リリースが決定したようです。良かったね!

そういえば、昨年ノルウェーのワールド・ミュージックのフェスティバルで、とあるフランス人に会った。彼は私が日本でヴェーセンの仕事をしているのを知らず「ヴェーセンってスウェーデンのバンドがいるだろう、彼らのファースト・アルバムは僕の会社で出したんだ」とかなんとか、彼は自慢げに語るのであった。私はへぇ〜と思い、自分が日本でヴェーセンと仕事をしていることをこのフランス人に話そうと思ったのだが、ふと確かあのアルバムの制作にはバンドはあんまり良い思い出がないはずだよなと思い出し、だから何も知らない振りをして「そうなんだ、すごいね〜」なんて口をあわせていた。それに所謂ヴェーセンの「ファースト」はウーロフのソロアルバムであるDroneから出ていたCDだ。確かに世界市場に初めて出たのは、あのフレンチ・アルバムかもしれないが。

案の定、実際、ヴェーセンがフェスティバルのホテルに到着してみれば、そいつはバンドと挨拶をしたり口をきいたりしている様子がまったくないようであった。普通だったら「あの時は世話になったよな」って抱き合って再会を喜ぶよね。この業界、めっちゃ狭い。そして「オレ、誰々を知ってんだー」とか自慢げに言う奴にはろくな奴はいない……というのは日本でもヨーロッパでも共通なのだ。

でも良かった。このCDがちゃんとリリースされるということは、音源の権利がバンド側にきちんと戻ったということだ。(もしくは理不尽なロイヤリティ払わされてないといいけど…)

で、そのフェスティバルの朝ご飯会場で、ほぼ毎朝のようにヴェーセンとご飯食べてたオレは、みんなにさぞ羨ましがられてたことだろう…ふっ。なんたってヴェーセンはあの場にいたすべての伝統音楽のバンドの憧れの存在だったから。「あの謎の東洋人は何ものだ?」みたいな…(笑)。で、この朝ご飯会場でミッケと話したことが、実は……おっと危ない。それはまた別のお話し。時期が来たら、書くことにする。ふっ、ふっ、ふっっ…

というわけで、この名作、本日よりiTunesとかでミッドプライスで手に入ります。まだ持ってないという人は是非。『ジョセフィンのワルツ』の超オリジナル・ヴァージョンが聞けますよ。

ヴェーセン。世界で一番かっこいいバンド。(by マイク・マーシャル)


 AMAZONでデジタル配信してるものを並べたけど、これは、まだっぽいな〜〜