bar clear all


2018年6月30日土曜日

BBCが伊藤詩織さんのドキュメンタリーを放送


BBCがついに伊藤詩織さんのドキュメンタリーを放送すると聞いて、fbで外国人の友達に是非見るようにと紹介した。私は日本を本当に知ってもらうためにも、日本に来て感激しているミュージシャンたちに、日本の悪いところも積極的に紹介するようにしている。

よく言われることは日本の女性はなんで高い声で話すのか、笑う時口元に手を持っていくのか… 私ですら英語をしゃべる時と日本語をしゃべる時では声のトーンが違う、と、ウチのミュージシャンから指摘されたことがある。意識したことなかったけど、それは正しいのかもしれない。するどいな、ウチの連中は…(笑)

日本のいろんなことを積極的に話す。だいたいいつも話していることは「日本にもいろんな面があるけど、まぁ概していい国だと思う」ということと、「日本で許せないのは2つ。この地震ばかり頻発する土地に原発を作っていること、そして死刑がいまだに存在していること」だ。

この話をするとヨーロッパから来た人には本当にびっくりされる。日本はこんなに素敵な国なのに…と驚かれる。でもそれが事実なのだからしょうがない。特に「死刑」はショッキングな話だ。だって「私たちは年に数人、公式に人を殺している」のだから。そもそも死刑がある国はEUに加盟できないし、国連の憲章にも違反している。(そのへんについてはここに詳しく書いた

「どうやって殺しているの?」「ハンギング」「ボタンが3つくらいあって、どれが本当につながっているのか押す人には分らないようになっている」

「どういう犯罪で死刑になるの?」「だいたいはシリアル・キラー。2人以上殺すと死刑になる」等々、私もすらすら答えられるようになった。

日本のいろんな面を知ってほしいから、悪いところもあえて紹介したい。

で、自分でもBBCのiPlayerで番組を見た。すごくよく出来てるドキュメンタリーで、日本のいろんなことがよくわかる。(ちなみにBBCのiPlayerだが、VPNというのを使うとテリトリーの問題は突破できる。私も権利を扱うことを仕事にしているから、あまり積極的にここでは説明しないが、見たい人はぜひVPNという言葉でググってみてほしい)

それでも番組が見れない、という人は上にはったリンクをクリックしてみてください。番組の内容は、文字情報ばかりだけど、ほとんどこのBBCのページに要約されている。ただ実際に番組を見るとだいぶ印象が違ったけどね。

しかしこの番組が言うこともごもっともで、冒頭に紹介されているように、東京ではちょっと町に出れば、胸がやたら大きくデフォルメされた秋葉原っぽいアニメっぽいイラストの女の子に遭遇する羽目になり、そしてありとあらゆる性行為は、ここではビジネスとして買うことができるのだ。

そして、ここに出て来る自民党の女性議員… 本当にひどい… 言葉もないわ。

負けるな、伊藤詩織さん。あなたは今や日本の女性のすべてを代表して、日本の女性の誇りを背負うことにいなってしまった。大変だろうけど、頑張ってください。私たちはみんな応援しているよ! 私の大好きな男友達も、みんな応援している。

この番組、日本で紹介されないんだろうか… そうそう番組冒頭で出て来る裁判所?の前にいた3人のおばちゃんたちがちょっといい味出してた(笑)

ちょっと前に紹介されたこちらも必見です。スカンジナビアの番組かな。収録はロンドンみたいだけど。レイプの様子を警察官の前で人形を使って再現させられた…という話をした時のプレゼンターたちの驚きの表情を見てみて。ホントまともな神経じゃないよ。もうこういうことは辞めさせないといけない。


  

PS
You Tubeにあがった! すぐ削除されちゃうかもだけど…。