BETTER TIMES WILL COME

昨日の夜はTOKYO JAZZにバルトロメイ・ビットマンが出演し、ちょっとは仕事した気分になった。

本当なら今日、月曜日の朝、ツアー終わりの二人を送って空港に行く予定だったのだが、まぁ、それは言いっこなし。二人は日本ツアーがキャンセルになったので、作曲合宿をすることにしたらしく(ウィーンでは数日前にロックダウンが解除されています)、ザルツブルグの南にある綺麗なところにいる。で、こんな映像を届けてくれた。


















本当はもっと天気が良ければ、こんなだったのだけど。



マリアが歌ってそうな、そしてトラップ一家が国境を越えてそうな映画『サウンド・オブ・ミュージック』に出てきそうな世界。ここで撮ろうと言い出したのはマティアスで、どうせみんな室内とかだろうから、インパクトを残そう、というわけ。ナイス・アイディアでした。

このあとも二人のニュース、ちょっと嬉しくなるような話題もあるので、しばらくお待ちください。発表できる時になったら、ここに書いていきます。

それにしても、まだまだ首都圏は緊急事態宣言下だそうですが、皆さんご無事でしょうか。明日には解除されるそうだけど、果たして実態はどうなんだろう。「きっと良い時期がやってくるよ!」という明るいメッセージ。メアリー・ブラックの新曲です。ジャニス・イアンのチャリティ企画らしい。元気でるよー




子供たちと踊っているのは、メアリーのお孫さん二人と長男のコナー、そして娘のローシン。一方でおっかなびっくり手をたたいているのはギターで最近ではギルバート・オサリバンやレイ・デイヴィスなどともやってるビル・シャンリーの子供たちじゃないかな。

うーん、元気になる!!

そしてこちらも…

アイリッシュとギリシャの両親から生まれた小泉八雲。松江を離れる時のエピソードがしみる。


さぁ、今週も張り切ってまいりましょう。27日には新しい公演の発表もあります。10月後半のこの公演、果たして…

PS
TOKYO JAZZのYou Tubeチャンネルにアップロードされました。

【アクセス上位】