2020年6月5日金曜日

ゼロ活力鍋をゲットしました


ついに… ついに買ってしまった。ゼロ活力鍋

前から欲しかったのだ。今まで購入を検討しては何度挫折したことだろう。結構値段もするんだよね。3万円。一人暮らしの身には負担が大きすぎる。が、残りの人生、ゼロ活力鍋がある人生で行くのならば、もう早く決断し、買っておくにこしたことはない。

そして、ついにどうしても最高の玄米をたいてみたくなり、ぽちり。

今までは玄米はご飯窯でたいていた。これでもかなり美味かったのだけど、そろそろ窯の周りが欠けてきてしまい、すごい状態になってしまっている。炊飯専用の窯だけど、3,000円ほどで、それほど高いものではない。それにしても本当によく使った。ボロボロの窯をみながら、そろそろ買い換えようかなーというタイミングだったのだ。

もちろん大好きなホットクックでももちろんコメはたけるが、どうもいまいち。ホットクック信者の勝間和代さんも米は炊飯器で炊いている。また外で玄米を食べて一番美味しいと思っている某レストランで「どうやって炊いてるんですか?」と聞いたら、やはり「圧力鍋」とおっしゃっていたのだ。だからこれがあれば最高の玄米がたけるのであろうという予感はある。

迷ってる感じをツイートしたら、すぐに友人からの「うちにもありますけど良いですよ」「時短になるから時間を無駄にしないためにもぜひ」という応援ツイートが。というわけで、友人たちに背中を押されポチり。3万円の結構な出費である。これはホットクック同様、早く100回使って元を取らないと…という感じだ。

玄米。前の炊飯窯のときは前の夜から水に浸し、そのまま20分炊いて、15分蒸らせばオッケーと言う感じだった。ボソボソな感じではあるが、玄米も慣れると結構おいしい。特に豆ご飯にするときは白米よりも、この玄米の方があう、と思っていた。

で、ゼロ活力鍋登場。まずは2日間浸水。しかも水は1日おきに取り換えるなどケアもする。ついに炊飯という段階になり重りの思い方(赤い方)をのせて、それがシュッシュ言うまで3、4分。シュッシュしてから弱火で15分。その後、圧力が抜けるまで放置これが15分くらいか? 結構時間がかかる。

が、できたものをまずは見てびっくり。なんかゆるゆるだ。水が多すぎたのか? しかしフキンをかけてしばらく放置してたら落ち着いてきた。そして食べてみたら、もちもちしててびっくり。これは玄米ではない! まったく別物だ。まるでお餅を食べているみたい。とはいえ、玄米のゴワゴワ感も懐かしく思えたり…  次回はもう少し水を少なめにして炊いてみたい。好みの味を追求するべし。

そしてトライしたのが浸水一晩、圧力時間10分。水かなり少なめ。これでもまだ柔らかい。まったく玄米ではない。もう少し固さがほしいなぁ。そこで思い切って、浸水一晩、圧力を軽い方の重りにして1分。そしたらなんかゴワゴワに。うーん、これについては現在も調整中である。

あとはカレーやら豆をゆでるのやら何やらいろいろできるらしいのだが、カレーはホットクックが楽だし、豆もホットクックで蒸すコースが好きなのよね…。

特にカレーは自分で家で作る場合、平野レミレシピの「和田カレー」か、この「中毒カレー」が好きなのであるが、ホットクックで作る場合は「中毒カレー」は良いけど、和田カレーはいまいち。結局勝間和代さんレシピのシンプルな「勝間カレー」が一番美味しかったりもする。ただホットクックは本当に出来立ては最高なんだが、味の劣化が大きい。

普通に作る分には、和田カレーが好きではある。やっぱり和田カレーはレミパンを導入しないといけないのか!?(これ以上道具を増やしたくない!!) 

で、実験としてゼロ活力鍋で和田カレー行ってみたんだけど、めっちゃ早くできたけど、どうもいまいちのような気がする。和田カレーはやっぱりこのレシピの手順できっちり作らないと美味くならない。美味しくできた時の和田カレーは本当に最高なんである。一方の中毒カレーはホットクックでもかなり美味しくはできる。なのでホットクックでカレーを作る時は勝間カレーか中毒カレーだ。いずれにしても、この辺は、まだまだ研究&実験が必要だ。

あ、あとゼロ活力鍋で感動したのがイワシの煮付け。短時間で骨までほろほろだった。感動だ。とにかく時短能力がすごい。白米なんかもほんとあっという間。ホットクックは手間は究極にはぶけるが、時間はすごくかかるので(カレーなんかは90分)、こちらのセロ活力鍋については、とにかく急ぐ人や忙しいお母さんには最高だと思う。

ホットクックが70度くらいでじわじわいくのに対して、この鍋は超高温(190度)になり圧縮されたパワーであっという間に仕上げる、ということらしい。ロジックはよくわからないし、しゅっしゅ言ってる鍋の内側をのぞいてみたい衝動にかられる(危険!!)。まぁ、とにかくすごい。

いずれにしても一生モンの買い物だ。大事に使おう〜〜! あ、ちなみに私はMサイズを購入しました。



…とか書いてたら、なんとキャンペーンで割引が!! きーーーーっっ。もう買っちまったぜ。こちらへどうぞ。



【アクセス上位】