2020年9月14日月曜日

コロナ禍における海外出張について(検疫タイム編)

さて海外からの帰国者は、現状(2020/9/14現在)2週間のおこもりタイムが要求されるのであった。コンビニ、スーパーに行く以外は、公共の交通機関を使ったり人に会ってはいけない。

そして2週間の間、保健所に監視されることになる。この「監視」ですが、LINEにてかなり簡易に行われるようになりました。

私はLINEは、ほとんどやっていないのだが、一応個人アカウントと事業用のアカウントを持ってはいる。

個人アカウントで使っているのは、姪っ子との会話と、バルトロメイ・ビットマンのクレメンスとのくだらない会話(仕事の件はマティアスがメールをくれる)だけ。

事業用のアカウントには、うちのお客さんも登録してくれているけど、たった30名ちょいだし、もう削除しちゃおうかなーと思っているくらい。

…なのだが、帰国時にこんなのを登録したので、楽しみに待っていたら…




…なるほどこんなアンケートが届く。




帰国してから毎日というわけではないけど、ランダムに2、3日に一回といったところだろうか。質問が来てアンケートに応える。「アンケート」を押してアンケートをスタート。あとは「いいえ」を2回押してあっという間に完了。

他にも自動音声とか出やる方法もあるらしいけど、そのたびに仕事中断していちいち電話とってたら時間がいくらあっても足りないよ。これ、確かに人間がやってたらとてつもない手間だっただろう。 テクノロジーがあってよかった!!

というわけで、海外からのアーティスト、出張する人はLINEは必須だね。それにしてもこれなかったら本当に面倒だよな。LINEもっと真面目にやろ! 

コロナ禍における海外出張については、こちらも参考にしてくださいね。とはいえ、こんな情報もすぐ古くなっちゃうことを希望しつつ…

コロナ禍における海外出張について(出国編)
コロナ禍における海外出張について(帰国編)

【アクセス上位】